2008年11月23日

継子を愛せるか その3

たぶん これが 私の病気・離婚に繋がった主要因ではないかと思います

同居を始めたとき 継子次男は小2・実子娘は小1でした
毎朝 一緒に登校させてました

二ヶ月も過ぎた頃から 娘がケガをして帰ってくるようになりました。
場所は顔です。 左の頬骨のあたりが青あざ。。。。

最初聞いたとき 「転んで ピアノにぶつかった」と言ってましたが

消えても消えても また作ってくるんです

どんなに問い詰めても 「忘れた」「知らない」「転んだ」。。と

一瞬「クラスでいじめられてるのかな?」と思いましたが 学校からそれらしき電話もなかったですし

小学1年生でそんなことあるわけないと思ってたのです

そんなある日の夜

クラスメイトのお母さんから電話が・・

「うちの娘から聞いたんですが よく朝一でお嬢さんを保健室に連れてってるみたいなんです
よく聞くと 「おにいちゃんに叩かれる」と言ってました。
そしたら今日 犬と散歩してたら見ちゃったんです。 お兄ちゃんがお嬢さんを蹴っ飛ばしてるところを・・」

電話を聞きながら 目線を継子次男にやると 顔色が変わってゆくのがわかりました。

頭 真っ白です。 今でも あの瞬間のことは思い出せません。

「ケガさせたのはお前だったの?」「なんで?なんで?」という言葉しか出てきません

聞いていた継子長男の「あぁあ、、父さんにヤキ入るな・・しらねぇぞ。」と言う言葉だけ覚えています

私も涙が止まらず 娘を抱きしめ そのまま二人で寝ることにしました

事情を少し聞きました

「痛くてもガマンしろ」とか「誰にも言うなよ」と言われながら殴られる日々・・

小2の子供のすることとは思えません 想像するのも怖いです


今でも思い出すと泣けてきます ちゃんとしっかり娘を見ててやればよかったと・・

わずか7歳の子が親にも言えず 殴った子と一緒にゴハンを食べ、同じ部屋で寝起きしてたのです




このときに別れておけばよかったのです
posted by yuuママ at 08:19| ☁| Comment(0) | 過去 ステップファミリー〜離婚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。